Home > プロフィール
HOME   Mail News Shopping     Concert   Profile   History   Facebook Blog
CONTENTS  

+ Profile 〜プロフィール&年譜〜 +


瞑想のピアニスト
ウォン・ウィンツァン Wong WingTsan


ウォン・ウィンツァン Wong WingTsan
ピアニスト、作曲家、即興演奏家

1949年神戸にて、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。

19歳よりミュージシャンのキャリアをスタートし、ジャズ、前衛音楽、フュージョン、ソウルなどを演奏、24歳で全米コンサートツアーを経験。その後、スタジオレコーディング/ステージミュージシャン、作編曲家として活動を続ける中、自らの音楽を模索した。

87年、瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年よりピアノソロ活動を開始。この頃に現在の即興演奏を中心にしたピアノソロ・スタイルが生まれる。

92年、インディーズレーベル SATOWA MUSIC を発足、ファーストアルバム「フレグランス」がFMから火がつきロングセラーに。以後コンスタントにサトワミュージックよりアルバムをリリース、その数は30タイトル近くになる。代表作に「Doh Yoh」「エイシアンドール」「光の華」「青の龍」など。

また、NHKスペシャル「家族の肖像」、BShiスペシャル「中国世界遺産 九寨溝」、現在放送中のNHK「にっぽん紀行」Eテレ「こころの時代」のテーマ曲も手掛ける。
ほかにも、Manul Cats(マヌルキャッツ)やME-W(ミー・ダブリュー)としてのユニット活動、ジャズトリオWIM(ウィム)、クラシックアルバム「ドビュッシー」「エリック・サティ」の発表、地雷犠牲者救援CD「もしも地雷がなかったなら」など、音楽活動は多岐に及んでいる。

ピアノソロ・コンサート、とくにインプロヴィゼーション(即興演奏)では、音の力でオーディエンスの深い意識とつながり、解き放たれた静寂空間を創り出してゆく。超越意識で奏でるその透明な音色に「瞑想のピアニスト」と呼ばれている。

2005年よりセラピストの故・吉福伸逸氏に師事。トランスパーソナル心理学を学び、グループセラピーのファシリテーターとして活動する。ウォン・ウィンツァン&ウォン美枝子による「魂の表現ワークショップ」も展開。

3・11をうけて、USTREAMでピアノソロライブ「サトワより祈りを込めて」を生配信、現在も数々のチャリティーコンサートを行う。SNSやYouTube番組「千年カフェ」では音楽の話にかぎらず、平和と脱原発へのメッセージも発信している。

今、分かち合いたい想いは…“Peace and Music” そして “光を世界へ”…

お問合せ先:サトワミュージック
03-3950-8634
www.satowa-music.com





年 譜
※ 2005年以降〜最近までの年譜は History をご覧ください ※


1949年7月11日 神戸で生まれ、1才の頃から東京で育つ。 
香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、3/4が中国 1/4は日本の血が流れている。国籍はイギリス。
5才よりピアノを始める。
小学校6年よりトランペットを始める。 プレスプラドー楽団、ニニーロッソなどに心酔。
中学2年ごろよりドラムス、エレキギターを始める。 ベンチャーズ、ビートルズなどに心酔。 グループのメンバーに岡田徹(ムーンライダース)や坂元輝(テリーハーマントリオ)がいた。
高校時代より、近代・現代音楽(ドビッシー、ラベル、ストラビンスキー、 バルトーク、武満徹、ペンデリッキー、リゲッティー)や モダンジャズ(マイルスディビス、ビルエバンス)を聴き始める。 南弘明(芸術大教授)に作曲法を師事。 東京音楽大学作曲科中退。
19才からプロのアーティストとして活動を開始。 ジャズ、現代音楽、フュージョン、作曲、編曲など。
20才より江夏健二の名でピットインなど都内のジャズスポットで モダンジャズを、ニュージャズホールやキドアイラックホールなどでアバンギャルド音楽などの 演奏活動を開始する。メンバーに YAS-KAZ や山本公成らがいた。 いくつかの先鋭的なコンサート(アバンギャルド)にも参加している。 ソウルミュージックなど黒人音楽に興味をもちムーゲンや米軍キャンプなどで演奏する。 ジャズに電気やロックの要素を導入。
24才より渡米、 惣領泰則ひきいるポップスグループ「ブラウンライス」に参加、 キーボードと指揮を担当、エンゲルベルト・フンパーディンクの フロントアクトとして1年間、全米をツアー。 その間にさまざまなアーティストやミュージシャンと交流することができた。
帰国後、日本で、スタジオミュージシャンとして活動を開始する。 レコードアレンジなども手がける。 野口五郎のグループのメンバーとして6年間、ツアーやレコーディングに参加。 渡辺真知子のグループのメンパーとして8年間、ツアーやレコーディングに参加。 帰国後、TV、ラジオなどのコマーシャル音楽を数多く手掛けている。

1987年 インドの瞑想と出会い、 より深い自己の精神性を追求しはじめる。
三和バンクグループのCMソングを作曲、 ロサンゼルスで録音する、歌にリタ・クーリッジを起用。
1988年 フォーローゼズCMソングを作曲、ロサンゼルスにてレコーディング。
瞑想を通し音楽に不思議なエネルギーを体感、ピアノソロ活動を開始する。
1989年 CD「フレグランス」(CA-4125)をコロムビアレコードよりリリース。
1990年 OAGホールでソロコンサート開催、 その透明感溢れる精妙な世界に多くの観客を魅了した。 北海道コンサート「音・流れ・光」。
この頃から、瞑想者を対象としたコンサート 、 障害をもつ子どもたちや介護者を対象としたコンサート、 舞踏家やダンサーたちとのコラボレーションなどを展開する。
1991年 「さとわの夢」北海道ツアーコンサートより 彼の研ぎ澄まされた旋律が全国に浸透しはじめる。
1992年 自己の音楽を究めるべく、自主レーベル<さとわミュージック>を発足。
CD「さとわ」(STW-7001)CD「Moon Talk」(STW-7003)を同時リリース。
1993年 ヒーリングヴォイスとして世界的シンガーのスーザン・オズボーンと共演。 (王子ホール)
フォークシンガー及川恒平のCD「みどりの蝉」(STW-7002)をプロデュース、 <さとわミュージック>よりリリース。
1994年 CD「Blissful City」(STW-7004)をリリース。
風の楽団、山本公成とデュオCD 「Earth Breeze」(87-2254-2)を ドイツのレーベル<IC/Digit>よりリリース。
フォークシンガー大塚まさじのCD「風のがっこう」(MDCL-1293)に編曲、 演奏で参加。
1995年 スウェーデンのデュオグループ「WINDUO」と スウェーデンの各地9カ所のコンサートツアーとレコーディング。
「螺旋の夢」富士公演で和栗由紀夫(舞踏家)とコラボレーション。
野中英紀のCD「a-key」(PHCR-914)に参加。
中野ゼロホールにて、 さとわミュージック主催による<クリスマスコンサート>をプロデュース。 参加アーティストは、及川恒平、大塚まさじ、渡辺亮、高橋全、渡辺かづき、寺山心一翁、ミネハハ。
1996年 CD「フレグランス」(STW-7000)を<さとわミュージック>よりリリース。
AWAレコード主幹、真砂秀朗とデュオCD「Amazing Blue」(AFA-0001)を <Afa>レーベルよりリリース。
スーザンオズボーンのCD「パール」に編曲、演奏で参加、 ポニーキャニオンよりリリース。
ジャズグループ<WINDUO>とのコラボレーションCD 「East Wind」(IGCD-066)がスエーデンのレーベル<IMOGENA>よりリリース。
スウェーデンにてジャズグループ<WINDUO>と 2回目のジョイントコンサートツアー、5カ所のコンサート。
枝元一代のCD「よろこびのうた」(ME-001)に音楽プロデュースと演奏で参加、 田中健(ケーナ)も参加。
1997年 1月、CD「Doh Yoh」(童謡)(STW-7005) をリリース。
NHKスペシャル「家族の肖像」のテーマを作曲、(オープニングテーマ「運命と絆」、エンディングテーマ「勇気と祈り」)4月より1年間放送される。
12月、「家族の肖像」テーマ曲を収録したCD「Asian Doll」(香港人形)(STW-7007)をリリース。
1998年 9月、CD「Behind the Forest Vol. 1」 (STW-7008)「Behind the Forest Vol.2」(STW-7009) をリリース。
10月、CDリリース記念コンサート「Behind the Forest」として、トータルにインプロヴィゼーションにフォーカスしたコンサートを行う。(バリオホール / サトワミュージック主催)
「SATOWA X'masコンサート」開催。那須野ゆたか氏の富良野の映像とのジョイントでピアノソロ & ユニット“ウォン・ウィンツァンと仲間たち”:渡辺かづき、高橋全、渡辺亮、ウォン美音志。(なかのZEROホール / サトワミュージック主催)
1999年 5月、昔のジャズ仲間、市原康(ドラム)、森泰人(コントラバス)と30年ぶりにトリオとして活動再開、コンサートを行う。 (なかのZEROホール / サトワミュージック主催) のちに「ウォン・ウィンツァン・ジャズトリオ WIM」と命名。
  8月、ボスニアに地雷の現状を視察、「If there were no mines」の作詞の少女ハセダ・スリャノビッチに会う。
  9月、CD「Wong Wing Tsan Jazz Trio - WIM」(STW-7010) をリリース。
  9月、ピアノソロ・コンサート「躍動する静寂」(カザルスホール / サトワミュージック主催)
  10月、TBS「NEWS 23」にて、ボスニアの地雷現状の取材の旅が放送される。
  11月、シングルCD「If there were no mines 〜もしも地雷がなかったなら〜」(STW-7011) をリリース。
  12月、WIMCDリリース記念ライブ(アコスタジオ / サトワミュージック主催)
2000年 4月、オムニバスCD「Feel」(東芝EMI)に「運命と絆」が選曲される。
  4月 WIM 信州&浜松ツアー(原村、清里、穂高、駒ケ根、浜松)
  5月 ピアノソロコンサート「月のいのり」(カザルスホール / サトワミュージック主催)
  8月、「もしも地雷がなかったなら」ミニアルバム(STW-7012)を制作、10月リリース。 99年に発表した英語オリジナルバージョンをもとに湯川れい子氏が対詞を行い日本語バージョンが出来上がる。
  10月、ピアノソロコンサート・ツアー「空白の余韻から」(東京、熊本、東京八王子、新潟)
  12月、資生堂「quiora」のテーマを作曲。
  12月、ウォンの父の経営するカフェグリル、ニューワールドサービス(東京・有楽町)にて、X'mas ライブを開催。 ユニットは"ウォン・ウィンツァン&美音志" これ以来、ニューワールドサービスでのX'mas ライブは恒例の年末人気ライブとなる。
2001年 2月14日、ウォンの母の命日に「Doh Yoh 2」(STW-7013)をリリース。
  NHK教育テレビ「こころの時代」のテーマを作曲、4月より毎日曜日に放送される。
  4月、「WIM2 / On The Small Road」(STW-7014)をリリースし、WIMツアーを行う。 (松山、高槻、堺、碧南、名古屋、東京カザルスホール、箱根)
  5月、日韓合作記録映画「梅香里(メヒャンニ)」(西山正啓監督作品)に、音楽を提供。
  6月、及川恒平&黄 永燦コンサート「しずかなまつり 其ノ二」で及川恒平氏と共演(東京・ムジカーザ)。 このライブ録音は、2002年7月にCD「しずかなまつり」としてKOHE LABELよりリリースされる。
  6月、ウォンのオリジナル楽譜「Piano Solo ウォン・ウィンツァン ベストセレクション」がドレミ楽譜出版社より出版される。
  8月、WIMスウェーデン・ツアー。ヴォーカルに、おおたか静流が参加。
  8月、オランダ・アムステルダム、クリストーフォリにてピアノソロコンサート。
  9月、写真家・井津建郎氏率いるフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーの「アンコール小児病院サポートプロジェクト」イベントに出演、演奏。
  10月〜11月、ピアノソロ・ツアー「仮象のシグナル そして 平和への祈り」を行う。 「もしも地雷がなかったなら」の朗読で、ウォン美枝子が参加。 (小田原・菜の花企画主催、東京カザルスホール・サトワミュージック主催、松山・ナチュラルライフサロン主催、熊本&福岡・野中元 主催、米子・ウォンウィンツァンを聴く会主催、新潟・ブルーパディー主催、浜松・地球といのちを守るネットワーク主催 ※このツアーは各主催のご協力・ご賛同に支えられ、ペシャワール会を通じてアフガン難民を救援するチャリティー・コンサートと致しました)
  10月、NHK FM「オールデイ・ジャス・リクエスト」にWIMが出演、ライブが生放送される。
  11月、ハイビジョンスペシャル「中国の桃源郷 〜原始の森の湖沼群・九寨溝〜」 (テーマ曲作曲・全編の音楽をインプロ)がNHK BS hiにて放送。
  12月、カフェグリル・ニューワールドサービス(東京・有楽町)にて、X'mas ライブを開催。 2001年は、ウォン(キーボード)、斉藤正一(ベース)、市原康(ドラムス)、ウォン美音志(ギター)のフュージョン・ユニット。
2002年 1月、ニューヨーク PEACEART POSTER展のオープニングとして、ウォンのピアノソロで「ピース・コンサート」を行う。 「もしも地雷がなかったなら」の朗読でウォン・美枝子参加。
  2月、NHKスペシャル「水と森が生んだ奇跡 〜世界遺産 中国・九寨溝〜」がNHK総合にて放送される。
  4月、京都・平安神宮 紅しだれコンサートにてピアノソロ。(京都新聞社主催)
  5月、WIMツアーを行う。(北九州、福岡、吹田、小田原、浜松、 東京・ムジカーザ/サトワミュージック主催)
  6月、ピアノソロ・コンサート「水のうた、森のねむり」開催(東京・カザルスホール / サトワミュージック主催)、 CD「九寨溝〜水のうた、森のねむり〜」(STW-7015)を同日リリース。
8月6日、広島・アステールプラザにて「PEACE ART ポスター展 in ヒロシマ ピース・ピアノコンサート」を行う。朗読でウォン美枝子参加。
9月、ウォンの2冊目のオリジナル楽譜「Piano Solo ウォン・ウィンツァン ピアノコレクション」がドレミ楽譜出版社より出版される。
11月、記録映画「朋の時間〜母たちの季節〜」(西山正啓監督作品)の音楽を手がける。
12月、ピアノソロ・コンサート「夢の記述 Dream Note」を開催、ウォン撮影の写真展を同時開催。(東京・紀尾井ホール / サトワミュージック主催)
同12月、カフェグリル・ニューワールドサービス(東京・有楽町)にて、X'mas ライブを行う。 3年目の2002年は、ウォン(鍵盤ハーモニカ)、斉藤正一(ベース)、松宮幹彦(ウクレレ)、ウォン美音志(ギター)のバンド陣に、歌で 及川恒平(ヴォーカル・ギター)、枝元一代(ヴォーカル、パーカッション)を迎えて開催。
2003年 1月、「PEACE ART ポスター展 in 東京国際フォーラムの実行委員長となり、PEACE ART ポスター展を開催、ピースコンサートおよび 井津建郎、筑紫哲也トークも行う。朗読でウォン美枝子も参加。(東京国際フォーラムEギャラリー / 主催:Friends of Peace 共催:財団法人 国際交流財団)
上半期、小倉(真砂秀朗とジョイント)、東京・武蔵野(ゲストヴォーカル 鈴木重子)、福山、帯広、釧路、長野、熊本(美音志とジョイント)にてコンサートを行う。
7月、東京・目黒 BLUES ALLEY JAPAN にて、松宮幹彦のユニット UKULELE CLUBのライブに客演。
夏、大阪・寝屋川市主催ピースコンサート、舞台「地雷探知犬ニーナ上演150回記念公演」にて客演、東京・ハロハロの会チャリティーコンサートなどに出 演。
10月、CD「海より遠く」、「SEVEN」(ウォン・ウィンツァン&美音志)を2タイトル同時リリース。
10〜11月、ウォン・ウィンツァン ピアノソロコンサートツアー「たましいのトポス」を全国9カ所にて行う。
サトワミュージック主催 東京公演は、トッパンホールにて開催。(ウォン撮影の写真展を同時開催)
11月、韓国にて「ASIAN DOLL」がリリースされる。(C&L Music)
同12月、カフェグリル・ニューワールドサービス(東京・有楽町)にて、X'mas ライブを行う。4回目となる2003年は、2002年に同じメンバーにて3夜連続開催。
2004年 2月、福島音楽堂大ホール、仙台イズミティ21大ホールにて鈴木重子&ウォン・ウィンツァンジョイントコンサート「はる、いのちのしらべ」を 開催。
同2月、福井県みくに文化未来館にてウォン・ウィンツァン with 朝崎郁恵(奄美島唄)コンサート「海より遠く」を開催。
同2月、天童市市民文化会館にてウォン・ウィンツァンピアノソロコンサート「広重の音」(広重美術館主催)を開催、コンサートの模様はドキュメンタリー 番組「素敵なふる里 夢探訪」にも収録される。
同2月、東京 ヤマハホールにて、ホロトロピック・ワールド2004(ホロトロピックネットワーク主催)「医を超える」にて、ピアノソロコンサート。
同3月、毎日新聞夕刊に寄稿、奄美を描いた画家田中一村展に寄せて「絵に宿る''聖なるもの''」執筆掲載。
同5月、和歌山県 護念寺にて、山本公成(ソプラノサックス)&ウォン・ウィンツァンジョイントコンサート「Earth Breeze 地球のいぶき」開催。二日目は「葉っぱのフレディ」朗読コンサート、朗読:ウォン美枝子、即興演奏:公成&ウォン。
同6月、二枚組ライブ盤「たましいのトポス」(STW-7018〜9)をサトワミュージックよりリリース。
同6月、群馬県 前橋テルサにてウォン・ウィンツァン チャリティー・ピアノソロコンサート「こころの旋律」(NPO法人青少年の自立を支える群馬の会主催)
同8月、東京 ウィメンズプラザにて映画「チベットチベット」上映会&ウォン・ウィンツァン ピアノソロコンサートのジョイントイベント〜動の祈り、静の祈り〜(境界なきチームヒーリングをめざして 主催)で演奏とトークセッション。
同8月、東京 玉川高島屋S・C ルーフギャラリーにてウォン・ウィンツァン写真展「夢の記述」開催。アレーナホールにてピアノソロコンサート''Sound Staircase with Sculptures''、高須英輔の階梯造形とコラボレート。
同8月、和歌山県 高野山金剛峯寺にて、祭事「月の高野山」(高野山金剛峯寺 主催)でウォン・ウィンツァン ピアノソロコンサートを行う。
同9月、NHK BShi「BSふれあいホール」渡辺真知子のゲストとして出演、演奏。
同9・10月、日本大学芸術学部 公開講座に講師として招かれる。講義内容「表現の現場から」
同11月、ウォン・ウィンツァンの童謡シリーズ3作目となる「Doh Yoh vol.3」(STW-7020)をサトワミュージックよりリリース。
同11月、サトワミュージック主催ウォン・ウィンツァン ピアノソロコンサート「大楽」
同12月、カフェグリル・ニューワールドサービス(東京・有楽町)にて、第5回X'mas ライブ開催。ウォン・ウィンツァン(キーボード)、枝元一代(パーカッション)、ウォン美音志(ベース)、bell(ドラムス)のユニットで。
同12月、東京 府中の森芸術劇場にて、本田健「きっとよくなる」100万部突破記念感謝講演会にて、ゲスト出演、ピアノソロコンサート。
2005年 2月、東京ヤマハホールにて、ホロトロピック・ワールド2005(ホロトロピックネットワーク主催)「医を超える・2」にて、ピアノソロコンサート。
同3・4月、名古屋、札幌にて、本田健「きっとよくなる」100万部突破記念感謝講演会にて、ゲスト出演、ピアノソロコンサート。
同5月、北九州 こやのせ座にて、ウォン・ウィンツァン&遠藤晶美(ギター)ジョイントコンサート(ピアスペースのーてぃす主催)
同5月、広島県瀬戸田町 ベル・カントホールにてウォン・ウィンツァン ピアノソロコンサート「5月の風」(しまなみコンサート実行委員会主催)
同5月、NHK教育テレビ「ETVワイド・ともに生きる〜うつに負けないで 働き盛り・こころのSOS〜」にてピアノソロ演奏。6月再放送となる。
同5月、雑誌「スターピープル of earth」(ナチュラルスピリット刊)に、インタビュー掲載。
同5・6月、長野県上伊那・ギャラリー小蕪亭にて、ウォン・ウィンツァン写真展開催。
同6月、東京 池上本門寺にて朝崎郁恵コンサート「おぼくり〜嘉義丸のうた〜」にゲスト出演。
同6月、TBS筑紫哲也ニュース23「金曜深夜便」にて、朝崎郁恵(奄美島唄)「嘉義丸のうた」のピアノで生出演。


各地で年間40本前後のコンサート活動を展開。

この後も活動を展開しております。
過去最近の催しの履歴は History にてご紹介しています。

今後の活動予定は、トップページからご覧いただけます。





Home MailNews Shopping Music Songbook Concert Profile Media History Charity Facebook Twitter Blog YouTube

ホームメールニュースCDの試聴&楽曲ダウンロード&注文楽譜│コンサートプロフィール
テレビ・ラジオ出演コンサート履歴チャリティフェイスブックつぶやきブログ動画お問い合せ


HOME
HOME
(C) Copyright SATOWA MUSIC 1997-. All rights reserved.